ジプフィー ジュエリー

ジプフィーの指輪は結婚指輪としてアリ?それともナシ?

 

GYPPHY(ジプフィー)の取り扱っているジュエリーは、近年ものすごく注目されている人口宝石の「モアサナイト」で作られています。

 

ダイヤモンドの10分の1の価格ということもあり、人気を集めつつあります。

 

「人口宝石」と聞くと、ほとんどの人は、「質が悪い安物」というイメージがあるでしょう。

 

ところが、このモアサナイト、これまでの人口宝石のイメージとは少し違っているようなんです。

 

結婚するときに婚約指輪はつきものですが、じつは今、モアサナイトの指輪を結婚指輪として買い求める人が増えているんです。

 

結婚は一生の思い出になるイベントなので、さすがに結婚指輪を人口宝石で間に合わせるのはいかがなものかと思ってしまいますよね。

 

ジプフィーのジュエリーは、結婚指輪としてアリなんでしょうか?

 

そもそも「モアサナイト」ってどんな宝石なの?

 

ジプフィーのジュエリーの材料になっているモアサナイトは、よくダイヤモンドと比較される人口宝石ですが、性質がよく似ているというだけで、あくまでダイヤモンドではなく、異なる別の宝石です。

 

でも、性質が似ているというだけあって、硬度はダイヤモンドに少し届かないものの、数ある宝石の中でもダイヤモンドに次ぐ硬度を持ち合わせています。

 

モアサナイトのデメリットってどんなもの?

 

モアサナイトは人口宝石とはいえ、プロの鑑定士でも判別が難しいと言われているほど優れた宝石です。

 

逆にデメリットもあります。

 

一番のデメリットは資産価値がほとんどないという点でしょう。

 

天然のダイヤモンドに比べ、人口で作れるモアサナイトは希少価値がほとんどないというわけですね。

 

ところが、ジプフィーのジュエリーのデザインはとても美しく、つけている人を輝かせてくれます。

 

ジプフィーのジュエリーが気になる場合はこちらの記事をどうぞ。
ジプフィーのジュエリーをもっと知りたい!


 

ジプフィーのジュエリーは結婚指輪として「アリ」!

 

モアサナイトには希少価値はないかもしれませんが、それは逆に言えば、手に入れるときは安く手に入るということです。

 

これがモアサナイトの一番の魅力ですよね。

 

ものにもよりますが、ダイヤモンドに比べ、10分の1ぐらいの価格で手に入ります。

 

「結婚指輪は高いものじゃないといけない!」というのは、ある意味、これまでの風習が元になった考え方ではないでしょうか。

 

一昔前の結婚式と言えば、たくさんの人を集めて盛大に行うというのが一般的でしたが、最近は、ごくごく親しい人たちだけ集めて式にお金をかけないという人が増えています。

 

それほど親しくない人に来てもらっても、お互いにありがたみはありませんからね。

 

本当に大切なのは「お金」よりも「想い」です。

 

そろそろ、「結婚指輪は高いものじゃないといけない!」という常識から抜け出すときなのではないでしょうか。

 

指輪にお金をかけない代わりに、新婚旅行を奮発したり、結婚後の資金に回したりするほうが効率的ではないでしょうか。

 

ジプフィーの指輪は、デザイン性も優れ、ダイヤモンドにも見劣りしない美しさです。

 

きっと、二人を美しく輝かせてくれるはずです。

 

もしあなたが、結婚指輪にダイヤモンドほどのコストをかけようかどうか迷っているなら、ぜひジプフィーの公式サイトをのぞいてみてくださいね!